ランチ日記@埼玉 Diary of lunch at Saitama

今年からランチ日記に特化、埼玉のランチを中心にアップします♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

銀座 鳥ぎん本店







2016年1月15日(金)、ほぼ4年ぶりの再訪。
銀座の老舗は、あまり目立たない一角にあったりしますね。
鳥ぎん本店も、そんなお店。
お一人様ランチなら、カウンターを案内されると思います。
目の前で焼いてます(笑)。

平日11時30分~14時がランチタイムで、スープとお新香つきのとり丼が提供されています。
4年前は710円でしたが、値上りしてて750円でした。
それでも、この価格でこの内容なら文句無し、ですね。
とてもこおばしい香りがするやわらかい鶏で、破格のお値段です。
紀州産馬目樫備長炭で焼き上げるのだとか。

夜は、焼とり盛り合わせが、あります。
A、ライトコース(焼とり五種)810円
B、エンジョイコース(焼とり八種)1,360円
C、スペシャルコース(焼とり十四種)2,610円
気の合った仲間と行くなら、Cを人数より少なくオーダーするとよいかも。
一本がかなりボリューミーなので、バラしちゃうのも、手なんです。
あと好きなものを個別にオーダーすれば、安上がりに済みます。

あと、釜飯しも美味しいですね。
飲みの締めにひとつ、ふたつ頼んで、これまたみんなでシェアすると良い。
お茶碗は人数分くりますよ。
お焦げが、最高です。

注意すべきは、年季のはいったおばちゃまの接客。
もたもたしてると怒られちゃいそうな勢いなんです。
これだけは改善してほしいなあ・・・。

■応援クリックをおねがいします
にほんブログ村"埼玉食べ歩き"ブログ・ランキング参加中!


スポンサーサイト
  1. 2016/01/23(土) 21:32:14|
  2. 銀座・新橋・有楽町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀座"麦とオリーブ"に遂に並んでみました!



2015年12月28日(月)。
昨日は仕事納め、有楽町で納会をするため上京しました。ランチは今年の課題として残っていたこちらへ。

何と言っても、ミシュランのビブグルマン(コスパの良いお店だそうな)掲載店のひとつですからね。2015に続き、2016でも掲載されたとか。銀座では、伊藤さんもビブグルマンに掲載されており、2016には篝さんも登場したそうな。

到着したのは12時56分ですが、この時間でもやはり待ち客が約10名並んでいます。

外観は、雑居ビルの一階の一角。入口の上の木の看板にGinza Noodleと書かれ、オシャレ感を漂わせています。

急いで並んだのですが、チケットはどのタイミングで買うのでしょう。前の家族連れ客に聞いたらまだ買っていないと言うし。心配していたら、店員さんが来ました。前の客がいまからチケットを買うので、並んだまま順番に待っていれば良いそうな。

本当は、チケット買ってから並ぶみたい。待客が少なくなりお店の近くまで来たら、入口の脇に"先にチケットを買って並んでください"と貼紙がしてありました。
でも、チケットを買っている間に、買っていない人に先に並ばれたら、どうなるのでしょう?ちょっと不安ですね。



うーむ、銀座価格ですね(笑)。ビブグルマン掲載店の中では格安のようですが。
今回は、せっかくですので、特製鶏SOBAにしました。

着席は13時23分、ふう、27分待ちでした(笑)。
店内はL字カウンターで、清潔です。カウンターの上には自分でミルする黒胡椒と白いポット。あれ、エシャロットオリーブオイルは?と思いましたが、そのポットがオリーブオイルだったみたい。



着丼までは流石に数分でした。お店に到着してから通算30分ですね。
紙エプロン必要かと聞かれます。いりません。
逆に、スマホ写真OKですか?と確認。OKだそうです。
こんなやりとりの後、別皿が。特製のトッピングです。



デフォのビジュアルは、素揚げのナルト、山芋の短冊が特徴的。醤油スープがかなり濃い色なのが意外。メニューに黄金スープとあったのですが...。
他に具材が、中ぶりの海苔1枚・チャーシュー3枚。これらに三つ葉と花鰹が添えられてます。チャーシューは2種で、ローストポーク1枚と低音調理の鶏2枚。

特製のトッピングは、海苔2枚、チャーシュー3枚、半熟卵、三つ葉でした。盛ってみると、猥雑なビジュアルになります。
別皿は、サーブと見目に効果がありますね。



さて、実食。

うーむ、やはり醤油がかなり強めですね。この辺りは、若い方や外国の方の支持を得そうですが、古い人間としては、あっさりしたキラキラ黄金スープがもっと好み。尤も、鶏の出汁も強く感じ、醤油と相まって濃厚、美味いです。

麺はどちらのものでしょうか、大阪EXPOの時は京都「麺屋棣鄂」とあったらしいけど。店内には木箱等確認できるものは見当たりませんでした。
やや低加水の中細のストレートで、スープの吸上げ、味の絡みが良いです。この選択は、好み的中。

チャーシューは、豚も臭みなく仕上げています。サッパリした鶏だけだと飽きてきそうですが、豚を加えてあるので大丈夫です。
メンマではなく山芋であるのも、ヘルシー感があり、食感もいいですね。

特製トッピングは卵が美味いです。もともと黄身の濃厚な、良いものを使ってると思われますが、半熟のレベルが丁度良いです。
チャーシューは、計6枚となると人によっては多いかも、です。個人的には、プラス100円で卵だけのトッピングで十分でした。

外に出るとまだまだ行列が。やはり10人位並んでいます。女子お一人様も多いですね。こういうお店が出来ると、ラーメン界の客層がグッと広がりますね。
銀座ラーメン店でビブグルマン掲載の3店は、個性的なところが各々あり、面白いですね。
ますますの切磋琢磨、発展を期待しています!

そうそう、次回はエシャロットオイル、試さなくては。


■応援クリックをおねがいします
にほんブログ村"埼玉食べ歩き"ブログ・ランキング参加中!!!
皆様の応援クリック数がランキングとなり、励みとなります。
よろしければこのテキスト・リンクをクリックくださいナ


  1. 2015/12/29(火) 06:50:49|
  2. 銀座・新橋・有楽町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有楽町駅立食い蕎麦、後楽



2015年12月4日(金)。
この日は朝早くから有楽町へ。
大宮に帰る際通りかかったこちらで、朝蕎麦です。
立食い蕎麦店ですね。

いただいたのはコロッケ蕎麦。
ネギがカウンターに置いてあって入れ放題のところが嬉しい。
速さ、価格で、重宝しております!

■応援クリックをおねがいします
にほんブログ村"埼玉食べ歩き"ブログ・ランキング参加中!!!
皆様の応援クリック数がランキングとなり、励みとなります。
よろしければこのテキスト・リンクをクリックくださいナ
  1. 2015/12/07(月) 01:15:47|
  2. 銀座・新橋・有楽町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新橋チャーハン王、無謀な挑戦は続く

チャー王セット 無謀な980円!

でも、このパラパラ感は半端無い(驚)


半分から特製タレ(酢醤油)投入!

2015年10月25日。
この日、浜離宮恩賜庭園のコスモスを見ようと、新橋を降りました。
お昼時だったので、まずは腹ごしらえに、こにらへ。
場所は、サラリーマンの聖地、ニュー新橋ビルB1です。

オープンしたのは2012年7月、はや3年ですね。
チャーハン専門店というのは、やや無謀なコンセプトと思うのですが、休日でもソコソコ混んでいました。

メイン・メニューは、極上チャーハンの一点張り。
しかも大盛はないそうです。
ランチ・タイムだからでしょうか?

鶏スープがついてくるチャー王セットをオーダー。
なんと980円という強気の価格設定です。
テーブルには、極上チャーハンの美味しい召し上がり方、という指南書まで置いてあります。
でもって、その通り、食しました(笑)。

スープとチャーハンは確かに美味いです。
油をあまり使わないパラッパラのチャーハンが好きなので、好みドストライク。
スープも、旨味が強く、美味。
指南書では、半分食べたら特性の酢醤油を掛け回すのですが、個人的にはこれは無くても大丈夫でしたね。

このチャーハンが万人の好みとは違うと思います。
もっと油が絡んだコッテリチャーハンが好きな人もいるのでは。
しかもこの価格設定では、かなりの方が脱落するのでは。

なのに、今持って人気が持続しているということは、世の中には同好の方がかなりいるという証左でしょうか。
支店の赤坂は閉店したそうですが、新橋店が生き残ってさえいれば個人的には十分です(笑)。

もちろん再訪させていただきます。
ご馳走さまでした。
うんまかったあ~(笑)。

■応援クリックをおねがいします
にほんブログ村"埼玉食べ歩き"ブログ・ランキング参加中!!!
皆様の応援クリック数がランキングとなり、励みとなります。
よろしければこのテキスト・リンクをクリックくださいナ


サラリーマン御用達 ニュー新橋ビル

食べ方の指南書

こだわってます(笑)
  1. 2015/11/17(火) 22:48:53|
  2. 銀座・新橋・有楽町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

喜多方ラーメン 坂内



2015.10.7。
坂内の内幸町ガード下店です。

喜多方ラーメンと言えば、札幌・博多と並ぶ日本三大ラーメンのひとつ。
そして、喜多方ラーメンと言えば、「坂内食堂」。
各地に展開している「喜多方ラーメン坂内・小法師」は、東京都大田区の会社。
ホームページには、「坂内食堂」を本家として紹介していますが、関係は不詳。

20年以上前、有楽町店にて初めて遭遇し、あっさりした醤油味、もちっとした麺が気に入って、よく通ったものです。

内幸町で「坂内」のノボリを見つけ、潜入しました。
定番の喜多方ラーメンをオーダー。

あっさり、透明な豚骨スープに、平打の多加水麺、やわらかい焼豚もたくさんはいっています。
アクセントのネギが、よくあいますね。

昔と変わらぬ喜多方ラーメン。
ご馳走さまでした!

■応援クリックをおねがいします
にほんブログ村"埼玉食べ歩き"ブログ・ランキング参加中!!!
皆様の応援クリック数がランキングとなり、励みとなります。
よろしければこのテキスト・リンクをクリックくださいナ


  1. 2015/11/10(火) 07:37:53|
  2. 銀座・新橋・有楽町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。