ランチ日記@埼玉 Diary of lunch at Saitama

今年からランチ日記に特化、埼玉のランチを中心にアップします♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

築地駅前の方の"ふぢの"さん





2015年12月29日(火)。
年の瀬、私は築地市場に買い出しに。
その帰りに、こちら"中華ふぢの"さんへ("じ"ではなく、"ぢ"なんですよね~)。

実に3年ぶりの再訪です。
たしかこの辺りだったよね、と日比谷線築地駅の近くで思案。れれ?看板が替わったんだ、と合点。綺麗になった"中華 ふぢの"の看板をみつけました。老舗ですが、少しずつ進化しているようです。

"ふぢの"さんは、築地市場場内にもありますが、市場移転後はどうなるのでしょうか?そちらも、狭いカウンター、市場の人で賑わう、味わい深いお店ですよね。
築地駅前のこちら"ふぢの"さんは、看板が新しくなったということは、まだまだこの地で続けられるのでしょうか。

昔懐かしい中華料理屋さんです。
入口は煙草屋さん、入ると狭いカウンターがあり、奥がテーブル席です。
時代の移り変わりが激しい中、よくぞ頑張ってきましたね、とエールを送りたくなります。
これをもって雰囲気☆4つです。

普段はリーマン棲息の店かと思いますが、年の瀬のこの日はご年輩客で混んでいました。
昔からの常連さんか、本願寺や市場に来た方々と思われます。

今回は、半チャーハン&ワンタンメンとしました。
そうそうチャーハンの口コミで気づいたのですが、ランパスにも掲載されてるようですね。やはり、新しいことにも挑戦されているようです。
後で知りましたが、ホットペッパーでクーポンも出ています。チェックして置くと、重宝しそうです。
メニュー価格(税込)の設定も少し変わったみたいで、安くなったのかしらん?

まず半チャーハンとサラダが提供されました。
このサラダも、ごくシンプルだけど以前は無かったはずです。
"ふぢの"さんのチャーハンは柔らかめと思ってみましたが、今回の印象は、けっこうパラリとしてました。焼豚(orチャーシュー?)を使っていて、これもチェーン店とは一味違う老舗感があります。

ラーメンは、ホント昔ながらのあっさり鶏ガラ醤油スープです。麺も、昔ながらのもので、ゆっくり食べていると伸びてしまうので、ササッと食べるに限りますね。
ワンタンがダマになっているのは、別茹でして乗せているのでしょうか?これも、着丼したらすぐほぐしておくと良いかも。

流行りの有名ラーメン店とは全く世界が違いますが、古い人間としては、ホッとさせてくれる一杯ですね。現に私だけではなく、お隣のご年輩(平均寿命を確実に超えていると思われる3人)グループの皆さんは、"やっぱ、美味いねえ、ここのラーメン"と、絶賛して食べていらっしゃいました(笑)。

接客も悪く無いです。
老舗の場合、びっくりする位雑な接客で、それがまたその店の評価を上げてたりしますが、こちらはオーソドックスな温かみがある接客です。スタッフは皆さんベテランさんばかりですが、お人柄の良さが伝わって来ます。

そんなこんな、少しずつ進化している、貴重な町の老舗中華料理屋さん。これからも末長くがんばってくださいね!

■応援クリックをおねがいします
にほんブログ村"埼玉食べ歩き"ブログ・ランキング参加中!
スポンサーサイト
  1. 2016/01/05(火) 04:54:27|
  2. 築地・湾岸・お台場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さらしなの里

HPによれば・・・

初代、赤塚善次郎が、麻布永坂「更科」初の支店として明治32年に独立、開業したお店。
創業地は深川佐賀町、看板は「麻布永坂更科支店布屋善次郎」。
明治45年に、牛込神楽坂へ移転、看板は「永坂更科牛込通寺町支店」に。
善次郎の跡を継いだのは昭和11年に婿養子となっていた正治だが19年に出征、店は強制疎開で閉鎖された。

再開したのは3代目昭二で、大学卒業後、一門の「布恒更科」で修業、昭和42年に開店。
「さらしなの里」という店名は正治が考えたものという。
場所は初代善次郎の母まきが実家から譲り受けていた土地。
当初は銀座だったのが、震災後の区画整理で築地が替え地になっていたもの。

・・・とのことで、系譜を辿るとかなりの老舗です。
築地に行った時は、時々利用させていただいています。



この日は「とろろそば」をいただきました。
最初に、「とろろ汁」「薬味」「生玉子」が供されます。
独特の「とろろそば」ですね(本来はこうなのかな)。



蕎麦は二・八です。
そば粉屋から真空保存で「そば抜き実」(丸抜き)を仕入れ、石臼にて自家製粉。
つなぎには玉子を使用しているとか。
一定以上に美味しい蕎麦が食べられます。



こちらは職人を何人もかかえています。
独立を目指すものや、蕎麦店の後継者を、育ててもいるようです。
こだわりの個人店と言うより、歴史の奥の深さを感じさせるプロのお店ですね。

■応援クリックをおねがいします
当ブログは、"にほんブログ村「埼玉食べ歩き」"のブログ・ランキングに参加しています。皆様の応援クリック数がランキングとなり、埼玉を食べ歩く励みとなります。よろしければ、このテキスト・リンクをクリックしてください!


さらしなの里



関連ランキング:そば(蕎麦) | 築地駅新富町駅東銀座駅

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

  1. 2014/12/28(日) 07:43:53|
  2. 築地・湾岸・お台場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

餃子の店 来々軒

珍しく木場でお昼時。
「麺屋 吉左右」に行ったら、何と臨時休業です。

やむなく急きょ現地で探し、こちらにたどり着きました。
「タンギョウ(タンメンと餃子のセット)の老舗」というのが決め手となりました。

入り口で目につくのは暖簾に「餃子の店」と大きく書かれていること。
午後は社内会議のみなので、「餃子」も食べてみよう!

「欲出さず精出し 野菜の味を出し 下町餃子 来々軒」とあります。
外観、店内ともに、素朴で懐かしい造りのお店です。



メインの前に、茹で野菜がサーブされます。
じんわりした優しい味付けで、「ラー油」をつけて食べます。
ヘルシー、かつ、美味しいです。



「タンギョウ」というので、「トナリ」さんの「タンギョウ」をイメージしていましたが、全く違いました。
ものすごく素朴でかすかな味付けで、昨今の濃厚ラーメンにやや飽いてきた者にとってはうれしい「タンメン」です。
これこそが「東京タンメン」の原点なのでしょうか。



麺は、ふとくて、もっちりとした縮れ麺です。
これも美味しくて、「老舗」ながら、どこか斬新ささえ感じられます。



そして、「餃子」。
ハーフの三個をオーダーしました。
焼き餃子で、見事な焼き加減です。
ビジュアルは、わが餃子遍歴(わずかですが)の中で、ダントツ一位です。
さて、気になるお味は・・・。

うーむ、と思わず唸ってしまいましたよ。
ニラ入りの餡がぎっしりつまった餃子で、絶品です。
お店の奥で、女性が手作りしています。

あっさりヘルシーなタンメンと、味が強めの餃子。
感涙のベスト・ミックスでした。


来々軒中華麺(その他) / 木場駅東陽町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

テーマ:お店紹介 - ジャンル:グルメ

  1. 2014/08/09(土) 06:00:00|
  2. 築地・湾岸・お台場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

"石臼挽そば 石楽"@豊洲 再訪

前回(もう2年以上前のことです)入店して、"もり"がしっかりしめられていなかったのが残念だったのですが、コスパ的には満足したお店です。
再訪してみました。

まだ新しく、明るく綺麗なお店です。
お店の真ん中に石臼が置いてあって、ぐるぐる回っています。
挽きたてをウリにする、という経営コンセプトですね。
今回お店の方に確認したところ、手打ちではなく、機械で作ってます。



日替わりご飯とそばのセット980円をいただきました。



アンダー1,000円で季節感あるメニューもあります。
さて、実食です。



機械の進歩って、凄いですね。
均質な細い蕎麦が美しい。
今回は、寒い季節のせいか、蕎麦がしっかりしめられていました。
美味しいです。

掘りごたつの個室もあるそうです。
ちょいとした飲み会に使うこともできますね。

食べログ グルメブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
★応援ポチよろしく
  1. 2014/02/14(金) 06:30:00|
  2. 築地・湾岸・お台場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

"中国東北家郷料理 永利"@豊洲

久しぶりの豊洲!
センタービル1Fにある"永利"さんです。

ここもリーズナブルで、豊洲エリアの大衆店の代表格。
だから行列も出来ますが、正直、味のレベルは普通かな。

全席56席で、個室もありますが、やや窮屈な造り。
異国情緒をウリにしているようですが、そうかなあ?

むしろ新しくて現代風。
池袋・永利の系列店で、価格とボリュームに秀でたお店です。



ランチメニューは、日替わり、焼きそばセット、チャーハンセット、丼セット、ラーメンセット、があります。
チャーハンセットを頼んでいる人が結構いて、ボリュームがかなりあり、ガッツリ食べてます(笑)。



ラーメンセットで、四川ゴマ辛味タンタン麺をいただきました。
ライス、サラダ、デザートがついてきます。



スープは、胡麻たっぷりで濃厚、スパイシー。
残念なことに、麺が私には柔ら過ぎました。
実はこういうところが、本場の味かも知れませんが・・・。

オフィスビルの中に会って会社員御用達のランチ・スポットであり、昼時は列が出来ます。
その点、サービス面は期待できないし、席も目一杯キッチキチに詰められてます(笑)。
こうして、「コストパフォーマンス」と「ボリューム」を実現しているお店、と言うことですな。

食べログ グルメブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
★応援ポチよろしく

永利 豊洲店

昼総合点★★★☆☆ 3.0



関連ランキング:中華料理 | 豊洲駅新豊洲駅

テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

  1. 2014/02/03(月) 06:00:00|
  2. 築地・湾岸・お台場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。