ランチ日記@埼玉 Lunch notes in Saitama

今年からランチ日記に特化、埼玉のランチを中心にアップします♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東池袋「A・Raj(エー・ラージ)」ベジ・ミールス

南インド料理であるミールスがお手頃価格で食べられるお店。
有名な「東池袋大勝軒」に隣接していて、このエリアの人気を二分している。


春夏秋冬 ランチ日記

オーダーはもちろん「ミールス」を。ランチだと1,000円という破格の値段だ。
「ベジタブル」と「ノンベジタブル」があり、「ベジタブル」をチョイス。

南インドは菜食主義らしいし、価格もこちらが安い。

春夏秋冬 ランチ日記

小皿が7皿もついていて超・ビックリしたのだが、後からもう一皿出てきた。

さらに、揚げパンが出てくる!(下の写真中央)

春夏秋冬 ランチ日記


ヨーグルトはデザートではなくて、他のカレーと混ぜたりして食べるらしい。

一番右はデザートらしいのだがパンにつけて食べてしまった(おいしかった)。


「エー・ラージ」さんの「ベジタブル・ミール」、お薦めの逸品である。


エー・ラージ 

インド料理 / 東池袋駅東池袋四丁目駅都電雑司ケ谷駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

スポンサーサイト
  1. 2012/11/30(金) 05:36:30|
  2. 池袋~高田馬場・早稲田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカバネヨリミチ「舎鈴」

エキュートが出来てから、赤羽駅はとても便利になった。
ショップだけでなく、サク飲みに最適な「東京バル」や、

つけ麺がうまい六厘舎系「舎鈴」もある。

春夏秋冬 ランチ日記

美味しいのはもちろんのこと、寒くなってくると、

駅郊外に出なくても済む点はポイント高い。

春夏秋冬 ランチ日記

飲んだ帰りに、つい寄り道してしまう。
赤羽ヨリミチといういうコピーがピッタリなのである。

舎鈴 

つけ麺 / 赤羽駅赤羽岩淵駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

  1. 2012/11/29(木) 05:33:36|
  2. 大塚・巣鴨・駒込・赤羽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

料理居酒屋 梨の実 (ありのみ)

昨年10月からしばらく酒を絶ち、今春から再び飲めるようになった。

実は、この間、胃の手術を2回したのである。
術後は経過観察、半年に1回ペースで検査がある。


今月検査があり、先週結果が出て、経過順調。

ご無沙汰していた「梨の実」さんに立ち寄った。

そんなこともあって、大好きなものを二つ、日本酒で。


春夏秋冬 ランチ日記

春夏秋冬 ランチ日記


梨の実 

居酒屋 / 北浦和駅
夜総合点★★★★ 4.0

  1. 2012/11/28(水) 05:30:14|
  2. 北浦和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

十条「斉藤酒場」

創業昭和三年、古き良き時代の大衆酒場にタイム・スリップ♪

十条で埼京線を途中下車して、駅前の「斉藤酒場」さんへ。

春夏秋冬 ランチ日記

小品を二皿と日本酒をオーダー、ひとりサク飲み。
隣のおじさんが声をかけてきて友達になった(笑)。

春夏秋冬 ランチ日記

逸品とまでは言えなくても、コスパが高いことは間違いない。

加えて店内空間のノスタルジーが魅力的。

春夏秋冬 ランチ日記

赤羽と言い、十条と言い、あらためてこのエリアのディープさを実感。

放浪酒場ファンなら、お薦めの老舗である。


斎藤酒場 

居酒屋 / 十条駅東十条駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

  1. 2012/11/27(火) 21:54:06|
  2. 大塚・巣鴨・駒込・赤羽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

築地「食工房 空(くう)」で、唐揚♪

お昼どき、築地駅界隈で、地元の皆さんが続々と入っていく小路。

これは何かあるとあとをついていったら、この看板に遭遇。

9種類ものランチ・メニューがオール600円!

春夏秋冬 ランチ日記


狭いエレベータでビルの4Fにあがると、意外に広いお店が。
鶏唐揚げ香味ネギソース定食をオーダー。

春夏秋冬 ランチ日記

香味ネギソースが唐揚げによくあってうまい。

これで600円とは、この界隈では衝撃的なコスパである。

春夏秋冬 ランチ日記


夜は居酒屋。・・・というか、夜がメインの顔のようである。

問題は分煙がなされていない点で、目の前で煙草の紫煙が(汗)。

嫌煙家にとっては地獄、喫煙家にとっては天国だ。


私は真ん中で、まあ耐えられるので、★3.5。

分煙してくれたら★四つの店である。


食工房 空

居酒屋 / 築地駅 新富町駅 東銀座駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

  1. 2012/11/26(月) 21:27:01|
  2. 築地・湾岸・お台場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北浦和公園 浦和パルコ

大戸屋

11月23日まで予約できる、この時期限定のお持ち帰りチキン。

北浦和東口店でテイクアウトしました。


春夏秋冬 ランチ日記


春夏秋冬 ランチ日記

米粉竜田チキンと米粉黒酢チキン、各@500円。
チラシには6ピース入とあったけど、なぜか8ピースくらいはいっていた。

大きさが小さめだからだろうか・・・

  1. 2012/11/25(日) 21:16:04|
  2. 北浦和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤羽「丸健水産」さんがある一角

何ともディープな街、赤羽。

路上で立ち飲みする「丸健水産」さんがある一角。

春夏秋冬 ランチ日記

  1. 2012/11/24(土) 05:10:47|
  2. 街角百景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤羽「麺 高はし」

前回、閉店後に特別に入れてもらって、写真許可をいいだせなかった。

今回は、しっかり許可をいただいた。


春夏秋冬 ランチ日記

「つけそば」をオーダー。

つけ汁の表面が白濁で、濃厚なイメージがあるが、さほどでもない。

デフォから短冊のチャーシューが投入されていて、これで580円なのだから安い!



春夏秋冬 ランチ日記


麺は開花楼で、中太のもっちりとした食感。

文句なくおいしい。

春夏秋冬 ランチ日記

チャーシューは豚バラだろうか。

肉っぽさが残っていて歯ごたえがある。

春夏秋冬 ランチ日記

卓上には、「魚粉」と「玉ねぎ」が乗っている。

「玉ねぎ」はスプーン三杯まで無料。

春夏秋冬 ランチ日記

張紙に書かれているが、携帯電話、無許可写真は禁止。

このことについて、「この店特有のルール」等といった口コミがあるが、どの店でもあたり前のルールだ。

但し、一万円札は控えてほしい、とあるので注意が必要。

またメニューが豊富なので、何にするか決めてから入店するのが良いだろう。


麺 高はし
ラーメン / 赤羽岩淵駅 赤羽駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

  1. 2012/11/23(金) 05:08:06|
  2. 大塚・巣鴨・駒込・赤羽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蒲田「洋食 おが和」さんのかつカレー

看板に「肉の小川」「洋食 おが和」とある、新蒲田の老舗。

かつては肉の販売でもしてたかのような店構え。

地元の方が次々と入店していくのにつられて入ってみた。

春夏秋冬 ランチ日記

「かつカレー」700円とゆーのは、かなり良心的なお店ではなかろうか。

地元ではかなり人気が高い名店のようである。
もっとも店舗外観のビジュアルは、とてもビミョーであった。



カレーはマイルドで、昔懐かしい感じであった。

かつはそこそこボリュームあって、揚げたてを乗せてくれる。

逸品とまではいかなくも、街の定食屋さんとしては使える。


メニューは、「コロッケ」「メンチかつ」の500円から、「えびふらい」「ひれカツ」の750円まで。

お店のお薦めは、「牛焼肉」700円、「とんかつ」600円、とのことである。


洋食おが和 

洋食 / 蓮沼駅蒲田駅矢口渡駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

  1. 2012/11/22(木) 08:49:01|
  2. 浜松町・田町・品川・大井・蒲田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マコンのヌーヴォー

エサンス ドゥ フリュイ。
長女が買ってきてくれたヌーヴォーだ。

春夏秋冬 ランチ日記

マコンというのは仏ブルゴーニュ地方で、ワインのメッカ。
この時期、ボジョレー・ヌーヴォーが有名だけど、マコンはその隣接エリア。


マコン村のヌーヴォー、娘が買ってきてくれたということだけで、

いかなるワインよりも、美味だったのであった。

  1. 2012/11/21(水) 05:07:02|
  2. うちごはん&スィーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

表参道「ふーみん」

表参道駅から徒歩五分、青山骨董通沿小原流会館B1の台湾料理店。

店主・斎風瑞(さいふうみ)さんは、NHK「今日の料理」や「ためしてガッテン」に出演したり、料理本も出している料理家である。


春夏秋冬 ランチ日記


このお店のメニューはオリジナリティーが横溢している。

人気の「豚肉の梅干し煮定食」1,000円をいただいてみた。

梅干しがゴロゴロと入っていて、脂占率高い豚肉がさっぱりと煮込まれている。

煮玉子は今風を拒否した固ゆでで、これがまたアクセントになっている。


面白いのが、ランチタイム限定のザーサイ食べ放題サービス。

これがおいしくて、料理が来るまでの時間が気にならない。

さらに特筆すべきはご飯とお味噌汁。

ご飯に無頓着な中華料理店にはガッカリだが、この店のご飯は実にうまい。

そして、味噌汁はカニ汁なのだ。びっくりではないか。


納豆チャーハン、ふーみんラーメン、ネギそばなども人気らしい。
他では食べられないここだけの台湾料理、お薦めです!

ふーみん

中華料理 / 表参道駅 外苑前駅 渋谷駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

  1. 2012/11/20(火) 05:05:35|
  2. 原宿・表参道・青山・六本木・麻布・広尾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会席料理 二木屋

主人の小林家は、毛利家家老の家柄で広島県尾道では林を名乗っていた。

明治になり武家から商人に変わったときに改名、先祖代々の林は屋号に。

即ち、林が二つの木であることから「二木屋」を名乗り、

缶詰食品業を創業したのである。


その系譜に、小林英三がいた。

自由民主党最初の内閣(1955年)の厚生大臣だ。

彼が、昭和10年建築の軍人の家を戦中に買い取り、

その後、増築を経て現在の屋敷となったのが、現在の建物である。

この古い家がそのままに、平成10年、「会席料理 二木屋」となった。

ちょうど、わが家が、北浦和に転居した年だ。

以来、訪問してみたいと思いながらも機会がなかった。

先日、長女の就職祝に家族で会席し、念願がかなった。


オーダーしたのは「明覚」(みょうがく)、8,400円の会席。
(別途、サービス料)

まずは、あん肝の煮付、ふき田舎煮の小鉢から。

写真のドリンクは、娘たちがオーダーした柚子ジュース。


春夏秋冬 ランチ日記


次に、前菜五品。

太刀魚の一夜干し、菊菜のお浸し、ふぐ凍り、海老寿司、寄せ南瓜。

春夏秋冬 ランチ日記

「お椀」(蕪、地鶏、はなびら茸など)は写真を失念。

以下、鮪・勘八・平目のお造り、西京焼き、鹿児島牛角煮、酢物と続いた。

いずれも一品、逸品が、食べ応えがある。


春夏秋冬 ランチ日記

メインは、鹿児島牛ステーキ80gと籾殻竈焚きご飯。

お味噌汁と香の物がつく。

スターキは80gで大丈夫かな、と思っていたが、

既に角煮をいただいており、品数も重ねていることから、十分だった。

春夏秋冬 ランチ日記

「籾殻竈焚きご飯」は、お焦げが少しついていて、おいしかった。

「籾殻竈(ぬかくどがま)」は、二木屋主人の曽祖父小林英三氏が発明し、

物不足だった昭和20~30年代に大ヒット、小林家の財の礎となったとか。



春夏秋冬 ランチ日記

鹿児島牛のステーキは申し分なし。

「二木屋」さんでは、さらに、「のざき牛」のコースがある。


「のざき牛」は、「農業生産法人のざき」さんが生産するブランド肉で、

今年度の「全国肉用牛枝肉共励会」和牛去勢牛の部、名誉賞

TPPにも負けない日本一の牛としてマスコミにも取り上げられた。


春夏秋冬 ランチ日記


最後の〆は、「洋梨のムース」。

さっぱりとして、会席の余韻を楽しみつついただいた。


夜はお酒を愉しむのも良い。

この日は、手が届きやすかった、ビールと〆貼り鶴を冷やでいただいた。

もう少し値が張る日本酒、ワイン、カクテルも幾種類か揃えられている。

ひとり一万円程度でお祝い事に使える、隠れ家的な名店であった。


国登録文化財 二木屋 

懐石・会席料理 / 北浦和駅南与野駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

  1. 2012/11/19(月) 05:00:00|
  2. 北浦和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麺処 閃 (せん)

開店して二年あまりの「鶏白湯」がウリのお店。

「ラーメン・マップ埼玉」などに取り上げられている実力店。


春夏秋冬 ランチ日記

麺はやや平たい中太麺。

もっちりとしていて粘度の高い鶏白湯スープとの相性も良い。

春夏秋冬 ランチ日記

チャーシューは箸でつまむと何とか形が持ちこたえる程度の柔らかさ。
さほど油濃くはなく、どちらかというと、おとなしく上品な感じ。

春夏秋冬 ランチ日記

デフォでついてくるタマゴは軽い燻製で、絶妙な半熟。

好みで普通のタマゴにも替えてもらえる。

春夏秋冬 ランチ日記

麺ボリュームは160g(たぶん)でホドホドの量。

鶏白湯はコラーゲンたっぷり。

女性にもお薦めの逸品である。



ラーメン / 北浦和駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

  1. 2012/11/18(日) 09:36:19|
  2. 北浦和
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日光「食堂すゞき」さんで、パスタ・ランチ!

久しぶりの日光!

せっかくなので、予算オーバーだが、「食堂すゞき」さんへ。

栃木単身赴任時代、ずーっと行きたかったけど未訪のお店。

春夏秋冬 ランチ日記

デザート・ドリンク350円をセットして、

たしか1,500円くらいのパスタ・ランチをオーダー。

春夏秋冬 ランチ日記

パスタは、お薦めの生パスタを。

自家製トマトソースが、さっぱり、スパイシー。


春夏秋冬 ランチ日記

もっちりして歯ごたえがある独特の生パスタ。

春夏秋冬 ランチ日記

ドリンクとデザート。

必ずセットで頼みたい、充実のデザートだ。


春夏秋冬 ランチ日記

満足度の高いランチでした。


食堂すゞき 

(洋食・欧風料理(その他) / 東武日光駅日光駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

  1. 2012/11/17(土) 09:35:55|
  2. 日光・鹿沼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

栃木の紅葉 龍王峡から日光へ

先週の土曜日、龍王峡を再訪しました。

漸く、紅葉が見ごろになりつつありました。


春夏秋冬 ランチ日記


もう少し紅葉を楽しみたく、今回は日光へ。

こちらの紅葉はまさに見ごろでした。

春夏秋冬 ランチ日記


日光の社寺。境内は、もみじが真っ赤。

春夏秋冬 ランチ日記

神橋近くで、日光金谷ホテルを見上げる。

春夏秋冬 ランチ日記

日光の定番・写真スポット、神橋を望む。

春夏秋冬 ランチ日記

日光でのランチは、「食堂すずき」さん。

次回記事にアップします。

  1. 2012/11/16(金) 09:04:03|
  2. 栃木をあそぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つけめんTETSU さいたま特別版

「TETSU」さんは、文京区千駄木創業。

浦和には、「さいたま特別版」がある。

春夏秋冬 ランチ日記

本店は、昼は「濃厚豚骨魚介×太麺」、夜は「鶏魚介×中太麺」。

ここでは、昼夜ともに「鶏魚介×中太麺」。

春夏秋冬 ランチ日記

チャーシューは脂が少ないホロホロした感じ。

脂こってりトロトロが苦手な人(私もそう)には支持率高し。

春夏秋冬 ランチ日記

麺はTETSU自家製麺。
うどん用の粉とパン用の粉をブレンドしているとか。

小麦色が強く、コシがあり、滑らかな舌触り。


卓上には「揚げ葱」や「割りスープ」がおいてあって自由に使える。

スープ割の時には、「焼き石」を頼める。


あつもりも独特で、出汁がかかっているとのこと。

寒くなってきた今日この頃、次回ぜひ食べてみたいものだ。

つけめんTETSU さいたま特別版
つけ麺 / 浦和駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

  1. 2012/11/15(木) 06:31:26|
  2. 浦和区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

築地「季節料理 魚竹(うおたけ)」さんで、バチ鮪中おち!

吉田類さんの酒場放浪記にも取り上げられたお店。
日比谷線築地駅から徒歩5分ほど。
ランチは、銀鮭照焼800円~


春夏秋冬 ランチ日記

バチ鮪なかおち1000円をオーダー。
ごはん、味噌汁が、おかわりOKなのがポイント高い。


春夏秋冬 ランチ日記

というのも、ご飯がおいしいからだ。

メインのなかおちの他に、お漬物と小皿がついていて、ご飯をひきたてる。


夜の部はややお値段がはるらしい。

もっとも、築地という土地柄、お値段やや高めなのはやむなし。

気軽に、なかおち定食が食べられるというのは、貴重だろう。

魚竹
魚介・海鮮料理 / 築地駅 新富町駅 東銀座駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

  1. 2012/11/14(水) 12:59:25|
  2. 築地・湾岸・お台場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

龍王峡に行きました♪

まさか三回も行くとは思っていなかったのですが、またまた行ってきました。

写真を撮りに行くのに、栃木はとても良いロケショーンがあります。

龍王峡駅のホーム自体、こんな感じですから。

春夏秋冬 ランチ日記

  1. 2012/11/13(火) 13:02:08|
  2. 栃木をあそぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豊洲「味噌樽」

豊洲エリアへの飲食店進出はまだまだ創世記の感があります。

なので、ホームセンター「ビバ・ホーム」2Fの「味噌樽」さんは、

チェーン系によくありがちな佇まいであるものの、そこそこの競争力。


半チャーハンセットにトライ。

セットのラーメンは、基本味噌ラーメンです。


春夏秋冬 ランチ日記

麺はよくある(ある意味めずらしい)機械麺で、期待感を抹殺されますが、

炙った感があるチャーシューと、意外にパラリとしたチャー飯が良い。

社食に飽きたときに、たまに食べたくなるラーメンです。


手作りの味噌らーめん 味噌樽

ラーメン / 豊洲駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

  1. 2012/11/13(火) 12:57:57|
  2. 築地・湾岸・お台場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京「塩専門 ひるがお」

東京駅のラーメンストリートに初めて潜入。
「六厘舎」さんに並んだつもりが、なぜか「ひるがお」さん。

隣のお店で、間違えてしまいました(笑)。

春夏秋冬 ランチ日記

塩はかなり難しいので、塩「専門」という屋号はかなり挑発的。

でもって、このビジュアル、ただものであるはずがない。
潜入して良かった~、と着丼同時に思ふ。

春夏秋冬 ランチ日記

「せたが屋」さんの二毛作、昼の顔というのは、後で知った。

まったくもって浅学のブログ主である。

それにしても、このスープ、そしてチャーシュー、深い。

春夏秋冬 ランチ日記


「ワンタン」まで投入されると、ちょっと冗長じゃないの?

・・・とツッコミたくなるが、うまいものはうまい。



この塩スープと、ジャスト・フィットの麺、感涙しました。

本店、夜の部、醤油ラーメンは、近々必ず実食させていただこう。

塩専門 ひるがお 東京駅店

ラーメン / 東京駅 京橋駅 二重橋前駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5

  1. 2012/11/12(月) 12:55:46|
  2. 東京・日本橋・赤坂・永田町・四ツ谷・市ヶ谷・飯田橋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五反田「ガリバルディ」

マスコミにも出ている・・・という口コミがあったので、調べてみた。

5年前だが、「チューボーですよ!に、街の巨匠として出ている。

最近では、今年3月、「爆報!THEフライデー」で取り上げられている。
この店の「ゴルゴンゾーラソースニョッキ」が、田原俊彦お薦めらしい。

場所はJR五反田駅東口から徒歩数分。

春夏秋冬 ランチ日記


東急池上線五反田駅であるレミィ五反田(旧東急五反田ビル)の目の前。
実は、何回も店の前を通っていたのだが、少し地味な店構えなせいか、

いままでその存在に気付いていなかったのは不覚だった。


パスタとピザのランチは980円。
サラダ、パン、スープ、ソフト・ドリンクがついてくる。

春夏秋冬 ランチ日記

このスープ、オリジナルと思われるスープで、とてもおいしかった。
パンも、もっちりしていておいしい。
サラダも、新鮮だったと思う。

春夏秋冬 ランチ日記

さて、メインのピザ。
何種類かの中から選べ、今回は「マルゲリータ」にした。

ランチでピザを食べるのは久しぶりだ。

ピザは、ランチにはやや物足りないというイメージがあったが、
チャレンジしてみると意外に満足感があるものだ。


春夏秋冬 ランチ日記

「ガリバルディ」さんは、イタリアからピザ窯を持ち込んでいる。

この窯で焼き立てのピザがいただけるという趣向だ。

今回のマルゲリータも、期待を裏切らない逸品だった。
コスパの高い良い店だと思う。

春夏秋冬 ランチ日記

入店は11時30分、てっきり一番乗りかと思ったら既に先客がいた。

次々と客が増え、12時ころ店を出たときにはほぼ満席に。

女子率が高いが、男子もちらほら、年配客もいる。

老若男女、地元に愛されるピッツェリアであることは間違いない。


ガリバルディ
イタリアン / 五反田駅 大崎広小路駅 大崎駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

  1. 2012/11/11(日) 12:01:46|
  2. 目黒・白金・五反田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家で

湯西川温泉「湖畔亭 ほそい」

「五十里湖」と書いて「いかりこ」と読む。

ダム建設によって出来た人口湖だが、今の時期、紅葉が美しい。

この湖畔にある手打蕎麦の店「ほそい」さんに寄ってみた。

春夏秋冬 ランチ日記

以前、初冬に来たときは全く空いていて、たしか客は私ひとりだった。

今回はシーズンの土曜日ということもあり、列が出来ていた。

春夏秋冬 ランチ日記

「かもそば」大盛をつけでいただいた。

お値段はリーズナブルで、たしか800円くらいだったと思う。

汁のうつわが丼で、なみなみと入っているのが凄い。

春夏秋冬 ランチ日記

麺は細く、白っぽい。さっぱりとした麺で喉越しが良く、

これが、江戸蕎麦よりはるかに薄味の汁によく合う。
窓からの紅葉を眺めながらいただく蕎麦は実にうまい。

店内は囲炉裏や自然水の引き水があったりして趣がある。

お店の隣に、外から見えるのだが、炬燵がある小さな部屋がある。

前回来たときは、お店の人の子供が勉強していた。

そんなほのぼのとしたお店である。


今の季節はお昼時は混むようで、この日は一時間くらいは待った。

それでも少し遅めにくれば、すぐ食べられそうだ。

食べ終えて2時近くにお店を出たときには、待ち客はいなかったから。

湖畔亭 ほそい 
そば(蕎麦) / 湯西川温泉駅 
昼総合点★★★☆☆ 3.5

  1. 2012/11/09(金) 00:26:44|
  2. 日光・鹿沼
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

松陰神社前「Boulangerie Sudo(ブーランジェリー・スドウ)」さんでテイクアウト

Boulangerie Sudo さんは、世田谷線松陰神社前駅のすぐ目の前。

パン職人の須藤秀男・枝里子夫妻のお店で、食パンが人気。
イート・インもあり、少しおなかが空いている時に立ち寄るのにも便利。

春夏秋冬 ランチ日記

今回ゲットしたのは「豪快タルティーユ」。

名前の通り、ナスと粗挽ウィンナーが豪快に乗っている。
そして、これが実にうまかったのだ!


人気商品は売り切れていることが多いようである。

目標を明確に持って潜入したほうが良いようだ。

個人的には、次回は、桜島鶏のタルティーユ、カレーパン、
須藤プリン・・・あたりを狙ってみたい。コーヒーもおいしそうだ。

Boulangerie Sudo

パン / 松陰神社前駅 世田谷駅 若林駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

  1. 2012/11/08(木) 04:16:16|
  2. 東急沿線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「個室割烹 田一(でんいち) 西新宿店」で、ランチ

そもそも当ブログとはコンセプトが真逆なお店。

高級と言っても良い方向性の個室割烹。

夜は、すっぽんを核としたコース料理を出しているらしい。

ところが実は、
お手頃価格でランチを提供している。
ステーキがうまい、と口コミにあったので、チャレンジしてみた。
潜入してびっくり、通されたのは、閉塞感漂うカウンターだった。
おまけにこのステーキ、なんだかビジュアルが寂しい。

春夏秋冬 ランチ日記

・・・ところが、である。

このステーキ、なかなかの美味なのであった。
これで1000円かい、と思わずうなってしまったほどだ。
ご飯もおいしく、満足度高し。

店先では弁当も売っていた。

うずたかく積み上げられており、人気が高い弁当なのだろう。

周辺に勤めるビジネス・パーソンならこれも良さそうだ。
夜に来てみたいが、私には手が届かないのが残念である。

割烹 田一
割烹・小料理 / 西新宿駅 都庁前駅 西新宿五丁目駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

  1. 2012/11/07(水) 05:52:01|
  2. 新宿・代々木・大久保
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蕎麦 寶

北浦和西口を右手に、線路沿いの道をはいるとすぐ先にあるお店。

店主は、趣味が嵩じて脱サラしてお蕎麦やさんを開いたという方。

ここの蕎麦は好きだ。

春夏秋冬 ランチ日記

夕刻は晩酌セットがある。
おつまみに、甘露煮、木綿豆腐、蒲鉾。
お酒を常温で楽しんでみる。

お蕎麦は好きなタイミングで持って来てくれる。
このお蕎麦がなかなかのもの。
細く喉越し良く、おいしい。
産地にもこだわられている様子。

私はこうしてブログを書いているが、

実は、蕎麦の香りというものが良くわからない(笑)。

店主によれば、蕎麦は汁が一番やっかいだとか。
やはり、蕎麦は、基本の「もり」が奥深い。

蕎麦 寶
そば(蕎麦) / 北浦和駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5

  1. 2012/11/06(火) 05:50:14|
  2. このお店は閉店しました
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤羽「丸健水産」(まるけんすいさん)再訪!

創業昭和33年というからもはや老舗と言ってもよいだろう。

赤羽東口左手から入る「赤羽一番街」の目立たぬ一角にある。

おでん種専門店だったが、現在の二代目店主がはじめた立ち飲み。
キャッシュ・オン・デリバリースタイルで、昼間から飲める。

春夏秋冬 ランチ日記

「おでんセット」700円という初心者でも取り組みやすいメニューがある。
おでんのおまかせに、ビール・チューハイ・日本酒からひとつを選ぶ。

お奨めは日本酒で、地元赤羽小山酒造の「丸眞正宗」のマルカップ。

これをチビチビやれば、またたくまにディープなジモティに変身できる。

春夏秋冬 ランチ日記

お店の雰囲気、なんとなく出来ているルールをじっくり観察、

タイミングがはかれるようになったら人気メニューにトライだ。

牛スジとハンペンは外せない逸品で、基本的に順番待ちだ。

それらが混んでるようなら、スタミナ、さつまあげ、などの練り物も良し。

春夏秋冬 ランチ日記

これがマルカップ。

2/3から3/4まで飲んだら、ダシ割を頼んでみよう。

店主が、カップにおでんのダシと七味を投入してくれる。

一人の時は、2・3杯だけひっかけてサクッと帰るのがいいだろう。

丸健水産
おでん / 赤羽駅 赤羽岩淵駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5
昼総合点★★★☆☆ 3.5

  1. 2012/11/05(月) 05:46:48|
  2. 大塚・巣鴨・駒込・赤羽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祝!ベルク営業継続!

ということで、ハーフ&ハーフ!

春夏秋冬 ランチ日記

つまみは、鉄板の「ジャーマン・セット」で。
三種類のハムと二種類のパテがを味わうことができる、ベルク常連の定番メニュー。

春夏秋冬 ランチ日記

ビールにはこのパテがとてもよく合うんだよなあ。

春夏秋冬 ランチ日記

「ルミネエスト」からの立ち退き話はとりあえず無くなったそうです。
なんといっても二万名近い署名の効果が強かったようです。

BERG 
ビアバー / 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅
昼総合点★★★★ 4.0

  1. 2012/11/04(日) 09:48:47|
  2. 新宿・代々木・大久保
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

練馬「ハーバー珈琲 豊玉店」でまったり~

なんで練馬でHARBORなのかしら?
次のアポまでの時間があり、どこで調整しようかしらと探して見つけました♪


春夏秋冬 ランチ日記

どーやら、FCなのですが、なかなか個性溢れるお店でした。
この日はハロウィンのイベントで、近所の子供たちが列をなしてこのお店に。
オーナーと思しきモダンなママがお菓子を配っていました。

発音がしっかりした英語で応えていましたよ~

店内はアートな感じ。
コーヒーは自家焙煎で本格的です。
再訪確実、隠れ家に最適なお店です。


ハーバー珈琲 豊玉店
喫茶店 / 練馬駅桜台駅豊島園駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

  1. 2012/11/03(土) 18:30:54|
  2. 京王・小田急・西武沿線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。