ランチ日記@埼玉 Diary of lunch at Saitama

今年からランチ日記に特化、埼玉のランチを中心にアップします♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

つけ麺 どでん







2016.1.24(日)、初潜入。
二郎インスパイアはちょっと...と思ってたので、"どでん"さんには行ってないのですが、孫二郎(と、どなたか言ってた)のこちらは新都心から近いこともあり、訪問した次第。
これが、無茶、面白かった。

まず、自販機に麺量の案内が貼ってあって、麺・自家製極太うねり、とあるのが笑えるね。
いったい、どんな"うねり"麺が出てくるのやらw
ゆでる前の量で大400g、中300g、小200gとのこと。並とせず、小とするのが、孫二郎らしいすね。

極・どろつけ麺、小をポチッと。
で、もって、かまあげにするか否か、と聞かれました。最近、あつもりに連チャンで失敗してるので、デフォでお願い。
あと、アブラは?と聞かれました。付けてください。

あまり予習なく潜入したので、トッピングし放題には感動しましたよ。
店内の片隅に棚があり、刻み海苔、桜エビ、花カツオ、魚粉、白ゴマ、小口ネギ、タマネギ、ニンニク、天かす、が置いてあります。
アブラがあるので天かすは止め、残りはキッチリ必要量を予測して取りました。

あと、ゆで玉子、生玉子も、取り放題?らしく、ゆで玉子をいただきました。
味玉は別料金ですが、ゆで玉子があれば、まずはよかろうかと。
生玉子は使い方に興味が湧きましたが、ゴハン絡みの模様なので、今回は課題繰延です。

さらに、カウンターにはタレ?等もありましたが、これらも完全に課題繰延とさせていただきました。この段階で、ほぼ再訪を誓った次第です(笑)。

基本メニューは、極・どろつけ麺、旨・辛つけ麺、カレーつけ麺、くらいのようですが、新体験が多く一度には検証できません。

とかなんとかしているうちに、着丼。
おおー、これが、うねり麺か!
小麦感たっぷり、やや平打ちのゴワリとした麺が、うねうねうねうね。美味そ~♪
チャーシューが、味薄めのハードなヤツで、ワイルドです。
このチャーシューを嚙りつつ、まずはうねり麺をつけ汁に投入、ひとすすり。美味あ~い!

トッピングは、タマネギ、アブラ、から初めて、順次、味を確認しつつ投入。ニンニク、魚粉、桜エビ、も正解でした!味がグイグイ変化して、実に美味い。
おかげで、白ゴマ、刻み海苔、あたりは、印象が薄く、味わう余裕ががありませんでした(笑)。

ベースのつけ汁と、うねり麺がしっかりしていいて、さらにトッピングで変化を楽しめるので、無茶苦茶楽しいです。
次回は釜揚げ狙いで、再訪したいと思います。

■応援クリックをおねがいします
にほんブログ村"埼玉食べ歩き"ブログ・ランキング参加中!




スポンサーサイト
  1. 2016/01/31(日) 00:42:03|
  2. 大宮区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大宮公園に梅が咲きました













まだまだこれからですが、報告まで!
  1. 2016/01/25(月) 22:25:54|
  2. 大宮区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

袋屋







2016年1月20日(水)、初訪。
近場で以前からチェックしてあったお店ですが、幹線道路を一本入ったロケーションということもあり、今回が初めてです。

比較的新しく綺麗なお店です。
まず戸惑うのが、壁に貼られたメニューが一杯あって、ちと迷いますね。
定番で海老天のザルにしました。

出てきたザルに感動!
聞いてはいたが、うどんのミミつき。
それも、なかなか美味いうどん。

が、かなりボリュームがあります。
海老天も、3本もあります。
そして、お値段が1000円位です。

先達レビュアーの皆様が、限定価格物や限定曜日に飽くなき挑戦をされているのは、価格をいかに有利にするか、ということですね!

ステディに通うには、まずは、半うどんセットですね。
半うどんに、いか、海老、なす、ちくわ、肉天、のいずれか一本をセットできます。
これに、天ぷらの追加が一本100円で可能です。

初潜入は、半うどんセットとし、そこからオーダーの幅を広げていくのが正解かな。
次回は、そこから、やり直してみます(笑)。

■応援クリックをおねがいします
にほんブログ村"埼玉食べ歩き"ブログ・ランキング参加中!


  1. 2016/01/24(日) 21:02:32|
  2. 大宮区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セサミ







2016年1月17日(日)
再訪多数。

今回、未食だった"魚介つけSOBA"をいただきました!
大宮駅東口、東西に走る商店街のうち、一番街にあります。
セサミって胡麻ですかね、看板にベジ・ヌードルともあります。

店内は新しく綺麗で、女性客もちらほら。
尤も、コンセプトは"麦とオリーブ"を明らかに模した感じ。
一枚皮を捲ると素の"蕾"さんが出てきそうなところがあります(笑)。

■鶏SOBA
メニューには、鳥取県産"大山鶏"を100%使用した旨みとコクがある鶏スープ、と解説があります。
具材は、海苔、チャーシュー、長芋、刻みネギ、三つ葉、あと、穂先メンマが少々。
チャーシューは、ローストポークと低音調理の鶏チャーシュー。
刻みネギは、ザクザク切った大きめで、食感良し。
ベジ志向の割に、スープは少しガツンくる醤油で、鶏の旨みは負け気味。但し、長芋が、妙に会います。
麺は三河屋で、低加水、細め、上品系。
カウンターにはエシャレットオイルなどが置いてあって、色々遊べます。
もっともやり過ぎは、せっかくの鶏清湯スープが原型を留めなくなりますので、注意。

■鶏SOBA(塩)
オープン後、暫くしてから投入されたメニュー。
具材は、海苔、チャーシュー、メンマ、刻みネギ、ズッキーニ、など。
鶏SOBA(醤油)の具と少し異なりますね。
鶏SOBA(醤油)の時は醤油がキツ目に感じたのですが、こちらはまさに鶏SOBA。
あっさりシンプルで美味い、個人的にイチオシです。

■魚介SOBA
こちらはジンワリと魚介出汁が効いた、体温まるスープです。
三河屋さんの麺、具材の長芋も、美味しいです。

■鶏白湯醤油ベジSOBA
デフォで950円、最高峰オブ最高峰の特製はプラス200円、デフォでいただきました。
ラーメンで1,150円は、ちょいとね(笑)。
濃厚でした。
野菜たっぷりな点はヘルシーですが、スープの濃厚さで、ヘルシー感は少し減殺されます。
あと、ビジュアルが猥雑(笑)。

■鶏つけSOBA
トマト、長芋、カボチャ、ヤングコーン、といった野菜が、どっさり。
普通のつけ麺同様、チャーシューとメンマも。
これまたビジュアルは猥雑ですね(笑)。
並、大盛、同一価格で、少し迷ったけど、大盛に。
これは失敗でした、食べ過ぎです(笑)。

■魚介つけSOBA
これは失敗でした、というか大きな勘違い(笑)。
てっきり、"蕾"さんの魚介つけそばが出てくるものと思っていたら、ベジ志向でした。
大笑いです。
うーん、具材と麺とつけ汁が空中分解していますね、これは。

まだ"まぜSOBA"をいただいていませんが、結局のところ、"鶏SOBA""魚介SOBA"がよさそうですね。

■応援クリックをおねがいします
にほんブログ村"埼玉食べ歩き"ブログ・ランキング参加中!


  1. 2016/01/24(日) 20:59:55|
  2. 大宮区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麺酒処 ぶらり

2016年1月16日(土)、再訪。
三年半ぶりです(笑)。
その間、ミシュランのビブグルマンに掲載され、驚きもし、納得もし、です。
今回は、未食だった鶏白湯らーめんをいただきましたよ。

■鶏白湯らーめん(今回実食)
濃厚なクリーム色の鶏白湯です。
このスープと麺だけで、かなり満足感を得られますね。
具材は、鶏そばと同じく、鶏チャーシュー、白髪葱、山クラゲ。
山クラゲが、いいアクセントになっています。

■鶏そば(前回訪問)
すっきりと澄んだスープで、れんげに掬いあげると透明度がよくわかります。
すすってみますと、期待通りのおいしい鶏スープです。
麺はやや細いちぢれ麺。カタメをオーダーしました。
チャーシューは鶏。そのほか、白髪ねぎ、糸唐辛子、山クラゲなど。

店の雰囲気が落ち着いていて、若いスタッフも丁寧な接遇です。
麺酒処となっていますが、もはや、ほぼラーメン専業ですね。

■応援クリックをおねがいします
にほんブログ村"埼玉食べ歩き"ブログ・ランキング参加中!


  1. 2016/01/24(日) 20:56:16|
  2. 秋葉原・神田・水道橋・上野・浅草・日暮里
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏海











2016年1月15日(金)、再訪。
金曜日でしたが、運良く、ほぼ待ち客無く入れました。

"ほん田"さん系定番の塩をいただきました。
ホット・ペッパーさんのクーポンで"味玉"トッピングをつけてもらいます。
このほか、ラーメンは、醤油・豚骨もあります。
それぞれデフォ、味玉付、特製、が用意されてます。

半年ぶりの再訪ですが、店主?スタッフが変わったみたい。
オペレーションがややぎこちなかったです。
もっとも、味は変わっていませんでした。

具材は、海苔、チャーシュー、細めのメンマ、カイワレ、ネギ。
トッピングの味玉は欠かせませんね。ぐっと豪華になります。
チャーシューは低音調理、ピンクの肉感が残るレア・チャーシュー。
スープは、ほん田さん系ならではの、スッキリかつ深みがあるもの。

以前いただいた"つけ麺"のスープも、濃厚豚骨魚介ですが、トロリとした舌触りが良いものでした。
ネギがアクセントになっていて、くどさを感じませんでした。



■応援クリックをおねがいします
にほんブログ村"埼玉食べ歩き"ブログ・ランキング参加中!
  1. 2016/01/24(日) 20:54:31|
  2. 大塚・巣鴨・駒込・赤羽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

銀座 鳥ぎん本店







2016年1月15日(金)、ほぼ4年ぶりの再訪。
銀座の老舗は、あまり目立たない一角にあったりしますね。
鳥ぎん本店も、そんなお店。
お一人様ランチなら、カウンターを案内されると思います。
目の前で焼いてます(笑)。

平日11時30分~14時がランチタイムで、スープとお新香つきのとり丼が提供されています。
4年前は710円でしたが、値上りしてて750円でした。
それでも、この価格でこの内容なら文句無し、ですね。
とてもこおばしい香りがするやわらかい鶏で、破格のお値段です。
紀州産馬目樫備長炭で焼き上げるのだとか。

夜は、焼とり盛り合わせが、あります。
A、ライトコース(焼とり五種)810円
B、エンジョイコース(焼とり八種)1,360円
C、スペシャルコース(焼とり十四種)2,610円
気の合った仲間と行くなら、Cを人数より少なくオーダーするとよいかも。
一本がかなりボリューミーなので、バラしちゃうのも、手なんです。
あと好きなものを個別にオーダーすれば、安上がりに済みます。

あと、釜飯しも美味しいですね。
飲みの締めにひとつ、ふたつ頼んで、これまたみんなでシェアすると良い。
お茶碗は人数分くりますよ。
お焦げが、最高です。

注意すべきは、年季のはいったおばちゃまの接客。
もたもたしてると怒られちゃいそうな勢いなんです。
これだけは改善してほしいなあ・・・。

■応援クリックをおねがいします
にほんブログ村"埼玉食べ歩き"ブログ・ランキング参加中!


  1. 2016/01/23(土) 21:32:14|
  2. 銀座・新橋・有楽町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麺匠 清兵衛



2016年1月13日(水)

再訪多数、ステディに通っています。
年明け早々入店、一番気に入っている"濃厚とりそば"を頂きました。

JR川越駅西口、スタバ手前の階段を左手に降り、線路近くまで歩くとあります。
塩専門というコンセプトで、名古屋コーチンの"とりそば"を提供しています。
基本メニュー4種は、共通して塩がウリ。

麺はやや太めでプリプリとした食感が特徴的。
とりそばよりつけ麺の方が太めです。
具は、メンマの代わりにタケノコを使っているところが特徴。
スープ、具材、とも、和が基調のようです。

ランチ時は、"玉子(まるまる一個・半熟)"か"炊き込み御飯"をつけてくれます。
テーブルに柚子胡椒が置いてあり、これで味の変化を楽しめます。

■淡麗 とりそば
一番人気メニュー。
ビジュアルがきれいで、見た目から確かに淡麗です。
ただ、個人的には、このスープ、やや塩っぽく、もう少し出汁を前面に立てて欲しいなあ。
個人的に、途中、カウンターの柚子胡椒を、ほんの少しだけ投入することを、鉄則としています。

■濃厚 とりそば
白濁スープがトロリとして濃厚。
実食すると意外にまろやかで、個人的にイチオシです。
濃厚といっても、昨今王道の濃厚豚骨魚介などと比べれば、あっさりと言えなくもありません。
紅生姜と高菜が付いてます。

■淡麗 つけ麺
つけ汁が、ビジュアルからして猥雑です。
長ネギ、刻みネギ、キャベツ、青菜、角切の鶏チャーシューなどなど、ザワザワと。
麺の上には、鶏肉、海苔、タケノコなどが乗っています。
最後の割スープが、和風魚介風味に味変し、美味しかったですよ。

■濃厚 つけ麺
つけ汁が、トロリとしていて、ポタージュっぽいく仕上げています。
ビジュアルは、淡麗つけ麺より美しいですね。
スープ割は、ゆず胡椒を入れてみたら良くあい、気に入りました。

■応援クリックをおねがいします
にほんブログ村"埼玉食べ歩き"ブログ・ランキング参加中!


  1. 2016/01/23(土) 21:29:10|
  2. 川越・坂戸・越生・東松山・小川・川島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中村屋総本山



2016年1月10日(日)、初訪。
11:45来店で、外に待客6名です。
券を買ってから並ぶべし、とのこと。

お昼のメニューは、煮干しそば、濃厚煮干しそば、というシンプルさ。
煮干そばなら750円で、並から中・大へ麺増量無料。
濃厚は中まで無料、つけ麺は対象外。
そうこうしている内に案内されました。

着席11:53。
回転はそこそこ良いのかな。
煮干そは中盛、麺固めをオーダー。
カウンターには、調整用醤油ダレ、酢?、胡椒、唐辛子、内蔵オイルDANGERの小さなポット。
内蔵オイルDANGERは、煮干の内臓とニンニクをじっくり煮込んだオイルとか。

着丼11:59。
まずますのフォーメーション。
さて、実食です。

スープは、逆円錐系の丼のため、並々という感じではないが、赤羽"伊藤"さんほどに少なくは無い。
隣席の濃厚煮干がかなり黒いのに比べると、穏当な色合。
煮干の出汁が効き、ほどほどの濃度です。

麺は硬めでなくとも良かった感じ。
低加水のパツンとした中太ストレート麺で、デフォでもカタメかと思われる。
大門製麺所とかいう製麺所さんの直営店らしいですね、
どこの製麺所かしらん???

チャーシューは、やや小ぶりだが、バラ・チャーシューが二枚もはいってる。
これも美味く、柔らかく煮込んであり臭みも全く無い。
具材は、あと海苔と刻みネギくらい。
スープ、麺、チャーシューに特化して勝負している感じ。

大宮駅前リニューアルした凪さんにちょっとがっかりしていたところ。
美味い煮干ラーメンに遭遇できて、よかった、よかった。

■応援クリックをおねがいします
にほんブログ村"埼玉食べ歩き"ブログ・ランキング参加中!


  1. 2016/01/23(土) 21:26:03|
  2. 川越・坂戸・越生・東松山・小川・川島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手打うどん 長谷沼



2016年1月11日(祝)、再訪。

本川越駅近くの手打ちうどん屋さん。
2013年3月オープンとのことなので、かれこれ3年ですね。
店舗は、まだ比較的新しいです。
店主、長谷沼さんは、元内装職人とのことで、店舗の外装・内装がオシャレです。

入口右手の厨房にいる店主にまずオーダーします。
そのあと、まっすぐ奥のお会計で、まず支払うシステム。
席で出来上がりを待ち、呼ばれたら取りにいきます。
揚げ玉、ネギなどは、お好みで。

今回は、年明けうどんをいただきました。

■年明けうどん
・海老の天ぷら、揚げ餅、梅干、等々具だくさんの年明けうどんでした。
・大盛無料とのことでしたが、並盛にしておきました。予想通り、量は十分でしたよ。
・むっちむちの讃岐うどん、美味しかったあ~♪

■とり天うどん
・コシのある手打ちうどんに、アツアツのとり天が乗っていて、美味しいです。温かい汁が寒い冬にぴったり。
・鶏天は、別皿にもできます。今回は、基本パターンで、乗っけてもらいましたが、別皿のほうがさらに美味しいのでは、と思いました。次回は、別皿バージョンでいただきたいと思います。

■ぶっかけうどん
・シンプルなぶっかけは、麺の美味さがより引き立ちますね。むっちむちの麺がたまりません。
・揚げ玉、ネギが入れ放題なので、たっぷり投入しました。揚げ玉がカリッとしてて良いアクセントになります。

■天婦羅(3種)
・ぶっかけうどん小(一玉)にプラスし、ちょうど良いボリュームでした。
・鶏、ちくわ、舞茸、の3種でした。舞茸がかなりデカイ(笑)。揚げたてで、アツアツです。

麺量は、小で一玉、中で二玉、大で三玉。
単品でも中でかなり満腹になるのでは。
オシャレなお店で、リーズナブルに美味しい手打ちうどん、気に入っています。

■応援クリックをおねがいします
にほんブログ村"埼玉食べ歩き"ブログ・ランキング参加中!


  1. 2016/01/23(土) 21:21:41|
  2. 川越・坂戸・越生・東松山・小川・川島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラーメン凪 大宮店







2016年1月6日、再訪。
昨年末、プレ・オープン中に入って、オペレーションの悪さにうんざり。
今回再訪して、漸くスムーズになってきたようなので、レビューします。

場所は大宮駅東口から徒歩数分。
以前に豚王があった場所をリニューアルし、煮干と豚骨を提供するようになったもの。
目玉は、先達の口コミにあるように、回転すし風に機械化したところです。
5,000万円も投資した、というのは本当か知らん?

凪さんにしては、煮干も豚骨もいまいちかも知れません。
新宿で食べたすごい煮干しや、ここの以前の店で提供していた豚骨と、ちと違います。
何となく調理が雑な感じがするのは、気のせいでしょうか?
特に、好きだった豚骨の太麺が供されなくなったのは、痛いなあ...。

機会化は、最初戸惑うけど、再訪の時には大丈夫かと。
但し、初訪の客には、いちいち店員さんの説明が必要だよね。
人件費節約になるのだろうか???

まあ、近所の立ち飲み日高さんも、機械化に挑戦しているし、失敗を恐れていては成長は無いよね。
頑張ってください。

■応援クリックをおねがいします
にほんブログ村"埼玉食べ歩き"ブログ・ランキング参加中!!!
皆様の応援クリック数がランキングとなり、励みとなります。
よろしければこのテキスト・リンクをクリックくださいナ
  1. 2016/01/23(土) 21:17:57|
  2. 大宮区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

麺屋 扇 SEN

2016年1月5日(火)。
正月気分が薄れ、お仕事スタート。
この日のランチは西区指扇の扇(SEN)さんへ。

仕事でお店の前を通りかかることが多く、前から気になっていました。
調べてみると、塩ラーメンの名店らしいので、立ち寄った次第。

外観から狭いかと思いきや、以外にもゆったりとしています。
入口左側にテーブル、正面奥にカウンター。
ご夫婦かご兄弟か、よく似た顔、体型のカップルが切り盛りしています。
男性は調理、女性は煮玉子作りとフロアーが担当の様子。

メニューは、塩ラーメン、濃厚塩ラーメン、濃厚塩つけめん。
やはり塩専門なんですね。
デフォの塩ラーメンをオーダーしました。

ほどなくして着丼。
まずビジュアルは、チャーシューが大ぶりで豪華です。
その他具材は、メンマ、海苔、ネギ、煮玉子。
デフォで煮玉子がついているのはうれしいね。
カタチは良くないが味が染みてて、美味いです。

麺は、三河屋製麺の美味い細麺ストレートです。
やや低加水でしょうか?
スープは、4種の塩、カツオ、サバ、イワシなど七種の魚介出汁を合わせたものだとか。
少し濁っていますが、あっさり、かつ、コクのあるスープです。
シンプルで美味いです。

カウンターには、ホワイトペッパー、ガーリックチップ、リンゴ酢が置いてあります。
途中、リンゴ酢を投入してみましたが、かなりいけます。
ガーリックは、チップが塩スープと違和感が出てしまうけど、味自体は染みてきて好み。
リンゴ酢少々、ガーリックチップ少々、胡椒少々、で良い感じになりました。

他のメニューも食してみたいと思います。
塩が食べたくなったら再訪することに。

■応援クリックをおねがいします
にほんブログ村"埼玉食べ歩き"ブログ・ランキング参加中!!!
皆様の応援クリック数がランキングとなり、励みとなります。
よろしければこのテキスト・リンクをクリックくださいナ
  1. 2016/01/23(土) 15:13:58|
  2. 岩槻区・見沼区・南区・北区・西区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

築地駅前の方の"ふぢの"さん





2015年12月29日(火)。
年の瀬、私は築地市場に買い出しに。
その帰りに、こちら"中華ふぢの"さんへ("じ"ではなく、"ぢ"なんですよね~)。

実に3年ぶりの再訪です。
たしかこの辺りだったよね、と日比谷線築地駅の近くで思案。れれ?看板が替わったんだ、と合点。綺麗になった"中華 ふぢの"の看板をみつけました。老舗ですが、少しずつ進化しているようです。

"ふぢの"さんは、築地市場場内にもありますが、市場移転後はどうなるのでしょうか?そちらも、狭いカウンター、市場の人で賑わう、味わい深いお店ですよね。
築地駅前のこちら"ふぢの"さんは、看板が新しくなったということは、まだまだこの地で続けられるのでしょうか。

昔懐かしい中華料理屋さんです。
入口は煙草屋さん、入ると狭いカウンターがあり、奥がテーブル席です。
時代の移り変わりが激しい中、よくぞ頑張ってきましたね、とエールを送りたくなります。
これをもって雰囲気☆4つです。

普段はリーマン棲息の店かと思いますが、年の瀬のこの日はご年輩客で混んでいました。
昔からの常連さんか、本願寺や市場に来た方々と思われます。

今回は、半チャーハン&ワンタンメンとしました。
そうそうチャーハンの口コミで気づいたのですが、ランパスにも掲載されてるようですね。やはり、新しいことにも挑戦されているようです。
後で知りましたが、ホットペッパーでクーポンも出ています。チェックして置くと、重宝しそうです。
メニュー価格(税込)の設定も少し変わったみたいで、安くなったのかしらん?

まず半チャーハンとサラダが提供されました。
このサラダも、ごくシンプルだけど以前は無かったはずです。
"ふぢの"さんのチャーハンは柔らかめと思ってみましたが、今回の印象は、けっこうパラリとしてました。焼豚(orチャーシュー?)を使っていて、これもチェーン店とは一味違う老舗感があります。

ラーメンは、ホント昔ながらのあっさり鶏ガラ醤油スープです。麺も、昔ながらのもので、ゆっくり食べていると伸びてしまうので、ササッと食べるに限りますね。
ワンタンがダマになっているのは、別茹でして乗せているのでしょうか?これも、着丼したらすぐほぐしておくと良いかも。

流行りの有名ラーメン店とは全く世界が違いますが、古い人間としては、ホッとさせてくれる一杯ですね。現に私だけではなく、お隣のご年輩(平均寿命を確実に超えていると思われる3人)グループの皆さんは、"やっぱ、美味いねえ、ここのラーメン"と、絶賛して食べていらっしゃいました(笑)。

接客も悪く無いです。
老舗の場合、びっくりする位雑な接客で、それがまたその店の評価を上げてたりしますが、こちらはオーソドックスな温かみがある接客です。スタッフは皆さんベテランさんばかりですが、お人柄の良さが伝わって来ます。

そんなこんな、少しずつ進化している、貴重な町の老舗中華料理屋さん。これからも末長くがんばってくださいね!

■応援クリックをおねがいします
にほんブログ村"埼玉食べ歩き"ブログ・ランキング参加中!
  1. 2016/01/05(火) 04:54:27|
  2. 築地・湾岸・お台場
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。