ランチ日記@埼玉 Diary of lunch at Saitama

今年からランチ日記に特化、埼玉のランチを中心にアップします♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

青竹打 佐野ラーメンの店 たかの

私の記憶では、食べたことがある本場佐野ラーメンは、
・大ちゃん食堂
・押山
・永華
・森田屋総本店
・いってつ (一徹)
・岡崎麺
・共栄ラーメン
・太七
・おぐら屋
・岳乃屋
・とかの
・万里
・ゐをり
・ようすけ
・・・など。
けっこう食べていると思います(笑)。

IMG_2454.jpg

本場老舗の佐野ラーメンは、「青竹手打」が必須条件です。
本来は麺が柔らかいのですが、やや固めにしているお店が増えています。

若い人や県外からの客向けにアレンジしているのでしょう。
それでも、「永福町系大勝軒」並みの柔らかい麺が多いですね。

スープはあっさりとした薄~い醤油味。
東京の一般的な醤油ラーメンと比べると、かなり薄味。

なので、初めて生粋・老舗の佐野ラーメンを食べた人は、たいていは「びっくり」します。
「なに、これ~、ゆるゆるねー」とか、「味が無い~」とかね(笑)。

もし、「びっくり」しなかったら最近のインスパイア系でしょう。
では、浦和で食べる、「佐野ラーメン」とは、いかがなものでしょうか。

IMG_2453.jpg

むむ、塩ラーメン?????メニューを見て軽い驚きが走りました(笑)。
佐野ラーメンのお店で、塩を「前面」に出しているお店は少ないからです。

メニューのひとつして提供しているお店は多いです。
本場「いってつ(一徹)」さんは塩も人気ですが、メインはやはり「醤油」だったと思います。

IMG_2450.jpg

よーく、見ると、醤油味もありますね。
しかし、このお店の「うり」は、「塩」なのでしょうか。
それでは、このお店の基本となる「ラーメン」(塩味)630円をいただくことにしましょう。
味玉をトッピングしました♪

IMG_2451.jpg

麺をリフトしますと、くっくっくっ・・・と、思わず「笑み」がこみ上げてきました。
こ、これは、・・・本当の「佐野ラーメン」ですね(笑)。

岩舟「共栄ラーメン」さんを彷彿させる、不揃いのピロピロ麺です。
やや太めなのはオリジナルですね。

以前、大宮駅ホームで食べた「佐野ラーメン」があまりに「佐野ラーメン」ではなく驚いたことがあります。
こちらは逆の驚きで、「浦和にも生粋の佐野ラーメンがあった!」的な驚きです。

スープは、どうでしょうか。
うーむ、美味い・・・、と、こちらも、思わず唸ってしまいました。

薄~い塩味で、パンチが無いところ(笑)が、まさに佐野ラーメン。
そこに、ほんのり「魚介系」の香りをたゆたわせているところが独特です。
「揚げネギ」があいそうな予感がします(次回、チャレンジしてみたい)。

チャーシューも、佐野ラーメンにぴったり合う、あっさりとしたもの。
こちらは本場「おぐら屋」さんあたりを思い起こさせます。

いやあ、驚きです。
「佐野ラーメン」のお店を栃木県外で営むのはけっこう難しいのでは。
「麺がゆるい」とか、「味が薄い」とか、「パンチが無い」とか、言われちゃったりして。

そこを跳ね返すレベルの高さが、このお店にはあるのでしょう。
次回は、「揚げネギ」など、この店ならではの「一工夫」を確かめてみたいと思います。

■応援クリックをおねがいします
当ブログは、"にほんブログ村「埼玉食べ歩き」"のブログ・ランキングに参加しています。皆様の応援クリック数がランキングとなり、埼玉を食べ歩く励みとなります。よろしければ、このテキスト・リンクをクリックしてください!


たかの

昼総合点★★★☆☆ 3.8



関連ランキング:ラーメン | 浦和駅南浦和駅

関連記事

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

  1. 2014/10/11(土) 05:46:31|
  2. 浦和区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ken201304.blog.fc2.com/tb.php/2886-fc182050
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。