ランチ日記@埼玉 Lunch notes in Saitama

今年からランチ日記に特化、埼玉のランチを中心にアップします♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

狭山 翁

西武狭山線下山口駅から徒歩10分あまり。
「翁達磨グループ」(名人・高橋邦弘氏が率いる)のひとつ。
店主は小川誠二氏、高橋名人のもとで三年間修業されたとか。



お店の前に車をとめ、左わきの入口をはいっていきます。
とても落ち着いた店構えです。
俗世から離れる一瞬、心躍りますね。



お品書は、いたってシンプル。
鴨せいろをいただくことに。
少し気になったのは、"土日限定"の田舎そば。



HPによると...
玄そばは、北海道、茨城県産の玄そばをブレンド。
地下室で低温管理された玄そばを、石臼挽き自家製粉。
営業が午後5時までなのは、前日に皮をむき、粉を挽くから。



フロアーにはおばあちゃんがひとり、店主の身うちの方と思われます。
このおばあちゃんが、先に盆を出してくれます。
箸、薬味のほか、粉山椒が乗っています。



薬味には山葵はありません。
かわりに生姜のすりおろしがついています。
珍しいですね。



ほどなくして鴨せいろが運ばれてきました。
まずビジュアルで目立つのが蕎麦の色。
緑がかっていてエッジのきいた細く上品な蕎麦です。



鴨汁には、鴨肉がごろごろとはいっています。
蕎麦は、伸びやか、かつ、心地よいコシがあります。
美味しいです。



鴨肉も、やわらかく美味しい。
これだけで、一品として供せるもの。
蕎麦屋酒と行きたいところですね(笑)。



そして、鴨のつみれ?がはいっています。
こういうちょっとした心遣いも人気の理由では。
蕎麦に、真摯に向かい合う良店だと思います。

今度は、土日に電車で来てみたい。
目当ては勿論、田舎蕎麦と蕎麦屋酒ですね。

■応援クリックをおねがいします
当ブログは、"にほんブログ村「埼玉食べ歩き」"のブログ・ランキングに参加しています。皆様の応援クリック数がランキングとなり、埼玉を食べ歩く励みとなります。よろしければ、このテキスト・リンクをクリックしてください!

狭山 翁

昼総合点★★★☆☆ 3.6



関連ランキング:そば(蕎麦) | 下山口駅

関連記事

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

  1. 2014/05/10(土) 09:20:57|
  2. 所沢・飯能市・狭山・入間・日高
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ken201304.blog.fc2.com/tb.php/412-53dab393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。