ランチ日記@埼玉 Lunch notes in Saitama

今年からランチ日記に特化、埼玉のランチを中心にアップします♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

活魚料理 まるは食堂 ラシック店

南知多豊浜「活魚料理まるは食堂旅館」さんは、料理旅館の老舗。
創業者「相川うめ」さんは2008年10月26日逝去されましたが、お店は脈々と受け継がれています。
経営は「株式会社まるは」さん、社長は五代目の坂野豊和氏で、「うめ」さんのお孫さんですね。
最近は名古屋市内にも出店し、名物「海老フライ」が名古屋市内でも気軽に食べられるようになりました。

豊浜「まるは本館」のイメージが強いですが、この「まるは本館」は平成11年に譲渡し、姉妹店という位置づけになっています。
譲渡先はご親族でしょうか、経営は「株式会社まる本」さんで、その社長は相川和雄氏。
親族で「まるはグループ」を形成しているようです。

まるは食堂 05

さて、今回の名古屋帰省で、相方さんと、「ラシック店」に行きました。
「ラシック」は専門店が入居する三越経営の商業施設ですが、セールなどのプロモーション・広告で「三越」の名前を付けておらず、「三越百貨店」に比べて客層がかなり若いです。
そのためか、同じくテナントで入っている「矢場とん」などに比べ、「まるは食堂」はあまり混んでいません(笑)。
店内も、ゆったり広々と造られていて、栄界隈で食事するには、穴場かも知れませんよ。

まるは食堂 01

定番の「まるは定食」1,460円をいただきました。
内容は、付出し、刺身(2種)、海老フライ1本、めし、漬物、味噌汁です。
同一価格で、お刺身が「海鮮サラダ」になったバージョン「ラシック定食」もあります。
海老フライを2本にすると2,000円となり、こちらも人気が高いようです。

まるは食堂 03

海老フライは、お皿に堂々一匹横たわっています。
他にフライは何もなく、キャベツの千切りとパセリが添えられているだけです。
いかに、この地区の人々が、海老フライを崇めたてまつっているかが良く分かります。
但し、巨大というほどではないので、過度な期待は禁物ですよ。
あくまで、「大」という程度ですから。

まるは食堂 04

カリっと揚げられていますが、中は肉厚の大ぶりな海老で、噛みしめると海老の食感、あじわいが強く、美味しいです。
ちなみに、タルタルソースがプラスチックの小分容器で出てきます。
これは多くの口コミで指摘されている通り風情がありませんが、衛生面としてはもっとも正解かも知れません。
なお、タルタルソースではなく、卓上のソースでいただいたり、何もつけずにいただいたり、という食し方もありです。

まるは食堂 02

お刺身2種は、いずれも白身で、ビジュアル感がもう一歩ですが、新鮮でぶりっとしています。
あくまでも「食堂」であり、あまり高級・繊細さを求めるようなお店ではありません。
気軽に家族や友人と集まって、普段よりちょっとごちそうをいただく、というお店。
これが豊浜のロケーションだったらベストだなあ、と改めて思いました(笑)。

■応援クリックをおねがいします
当ブログは、"にほんブログ村「埼玉食べ歩き」"のブログ・ランキングに参加しています。皆様の応援クリック数がランキングとなり、埼玉を食べ歩く励みとなります。よろしければ、このテキスト・リンクをクリックしてください!

まるは食堂 ラシック店

昼総合点★★★☆☆ 3.4



関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 栄駅(名古屋)栄町駅矢場町駅

関連記事

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

  1. 2014/08/17(日) 00:00:00|
  2. 故郷(愛知県)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://ken201304.blog.fc2.com/tb.php/511-4e092b69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。